SBI住宅ローンを支える秘訣

口は災いのもとと言いますが、現代では口コミほど重要なことはありません。インターネットで情報検索するにしても、見ず知らずの人の意見を聞き入れて採用するということも少なくはなくなっています。そして、その分野は様々に広がり、電化製品や書籍、また飲食店や保険など、本当にいろいろな評価が増えています。そして、今回は住宅ローンの口コミ情報です。

 

住宅ローンと一口に言っても、さまざまあり大きく分けると、公共機関から借り入れる住宅ローンと民間企業から借り入れる住宅ローンとに分類されます。そして、住宅ローンは借り入れる借り入れられる金額と返済のシミュレーションで選ぶことが大事とされています。そして、その時のポイントは、金利、金利型(変動金利または固定金利)、借入額から判断することが重要になってきます。

 

その住宅ローンの中でもSBI住宅ローンは、金融機関の中で業界シェアNo.1の実績を誇っています。その理由を口コミの中から探ってみると、圧倒的に「金利の低さ」がSBI住宅ローンの評価につながっています。その一方でオペレータの数が少ないという評価もありますが、それは任期があるという証拠のようです。もちろん、その意見も組み入れてオペレータの数を増やすようにしています。ただ、その圧倒的「金利の低さ」は口コミの中でも多く、消費者の皆さんは、満足されているようです。

 

したがって、SBI住宅ローンは住宅ローンの中では業界No.1のシェアを誇っており、それは金利の低さが支えているということになります。そして、それは口コミを見ればかなりの評価を得られると思います。まずは口コミを信じて、金利の低さを実感してみてください。

 

金利の低さで住宅ローンを選ぶなら

蛇の道は蛇、という慣用句がありますが、実際に専門的な物事について考えたり行動しなくてはいけなくなったときには、潔くプロ、知識の高い人の力を借りたほうが良い場合が多くあります。たとえば保険を考えるときには、保険会社の外交員に話を聞いたり、代理店を訪れて相談したりしたほうが、間違いなく理解をできるはずです。そして結果的にはそのほうが早く正しい道を見つけることができるでしょう。

 

お金を業者から借り入れるときには、金利が掛かります。金利にはいくつか種類がありますが、長期金利と短期金利という期間で分けるものと、変動金利と固定金利という利率の種類で分けるものがあります。これらの種類は借り入れる目的によって、使い分けます。たとえば、住宅ローンを考えているとします。その場合、借入額はもちろん多大な金額となりますから、返済期間は長期間に及びますので、長期金利、という区分になります。また、変動か固定かでいえば、何十年もの先の金利がどのように変動するかはわからないこと、また先般は比較的低金利で安定していることから、固定金利を推奨されます。

 

そのような、長期金利・固定金利で考えることの多い住宅ローンのなかでも「金利の低さ」によって業界NO,1のシェアを誇っているのがSBI住宅ローンです。融資の金額などによって金利は変わりますが、年1.450%からの金利で借入れが可能です。つまり、1000万円を借り入れた場合、金利は14万5000円のみ、となります。これが例えば年2.000%となれば金利は20万円です。返済方法によっては若干異なってくることはありますが、単純計算でいって、毎年5万5千円の差額が生まれてくることになり、数十年の返済期間をみればその差額も見逃せない額となってきます。そのため、SBI住宅ローンが大きな支持を得ているのです。住宅購入は今も昔も一番大きな買い物だといわれ続けています。だからこそ、無駄の無いよう、後悔をしないような住宅ローンを選択して、計画的な返済をたてるようにしましょう。

 

SBI住宅ローン「フラット35」をお勧めするわけ

人生を生きていくということは、いくつもの決断を重ねていきながら自分だけの道を作っていっている、ともいえます。取るに足らない他愛のない選択から、結婚するしない、就職するしない、実家から出る出ない、という大きな選択までそれはさまざまです。そして大きな選択肢のひとつとして、住宅の購入が含まれます。

 

多くの人にとって、住宅の購入は一生に一度あるかなしかの重大事です。多くの場合は長期間のローンを組んで、一生に近い期間支払っていくことになります。そのため、ローンを組む前にしっかりと借入金額と金利、そして金利の型について把握しておかなくてはいけません。その事前の準備と選択如何によっては、多大な金額の損を生む可能性があるのです。

 

そんな住宅ローンで、業界NO,1のシェアを誇る人気を得ているのがSBI住宅ローンの「フラット35」です。「フラット35」という言葉そのものは耳にしたことのある人は多いでしょう。この「フラット35」とは、長期固定金利住宅ローンのことで、その名のとおり最初の固定金利のままの支払いで、保証料金は無料、繰上げ返済の場合の手数料も無料、といったローンになります。この特長に加えて、SBI住宅ローンでは、最大購入金額の100%まで借入れができることと、年率1.450%からという業界屈指の低金利、というメリットが加わっています。こうした消費者に嬉しいサービスが重なっているのが、NO,1の支持を得ている理由です。

 

そのため、今住宅ローンを検討中だという方は、まずSBI住宅ローンを選択肢のひとつに入れると良いでしょう。もちろん最初からこちらだけに絞るのではなく、他の金融機関のローンと比較検討することをお勧めします。そのほうが、本当に自分にとって良い住宅ローンを選択できるはずだからです。